昨日の続きです!


06
07

最初、レナを紹介したいと言われたときは、正直めちゃくちゃ嫌で、会いたくなかった(T-T)

初めて会った後も、死ぬほど可愛くて性格も良さそうなレナに劣等感がすごくて。
英語で何言ってるか分からないことも多かったし、あんまり会う約束するのも気が進まなかった・・・

でも、てっちゃんに嫌われたくなくて、てっちゃんに会えるならと思って、

会う数日前くらいからレナに話す内容を考えて、英語で何て言えばいいんだろうって調べて、覚えて、
話してて知らない単語とか表現出てきたら、聞いてメモしたり。

もちろん、レナのこと知っていくにつれて、もっと仲良くなりたい、自分の気持ちを話せるようになりたいって思うようになっていったんだけど。
最初は全部、てっちゃんに好かれたいって思いだけでやってた。

だから全然素敵な女の子とかじゃないんだけども。

それでもレナはこんなふうにわたしのことを思ってくれてたんだ!って、嬉しいと同時に罪悪感もあった。笑

てっちゃんが人生で初めて好きになった相手がレナみたいな素敵な子でよかったなあと、今になって思います。

それでは続きはまた来週!!

こちらをクリックでLINE通知も受け取れます!